リサイクルパーツ

ricycletitol
 

現在の自動車修理では充分に性能や品質を確認されたリサイクルパーツが多く流通して、たくさんの自動車の修理に利用されています。

 

リサイクルパーツは、再利用できるパーツかどうか、熟練したエンジニアが適確に良否を判断します。交換する部品によって、正しく稼働するかどうかのテストや、厳格な安全審査をされ、安全確認された部品が利用されます。

 

部品として取りはずされた後、 丁寧にクリーニングされますから、色・安全性は新品のパーツ部品と比べて遜色がありません。

 

修理をお考えの際、お気軽にご相談ください。

 
リサイクルパーツは価格が安い。
 

新品パーツ部品と比べて安価な価格で利用できます。 例えばバンパーなどの新品部品の場合、構成している部品ごとに細かにわけて販売されているため、購入料金以外に組み立て費用が余分にかかります。
リサイクルパーツは、 同型の車両の部分のパーツをそのまま利用するため、細かな組み立て作業が必要ないため、 その分費用が安上がりになります。  

 
パーツがあれば、すぐ修理が可能。

同色の質の良いものであれば、そのまま交換ができるので 塗装費用がかからない場合があります。
新品の部品を購入しても、多くの場合は塗装色を車の色に合わせる為、塗装し直す必要があります。リサイクルパーツの場合、良質な部品であれば、塗装の必要がありません。

recyclep1 recyclep3 recyclep2
審査基準を通ったリサイクル パーツ。 良質なリサイクルパーツは 塗装なしでそのまま利用できます。 内側も新品同様のきれいな状態。
recyclep4 recyclep5
厳格な審査を通ったものだけが、ステッカーを 貼られて入荷され、リサイクルパーツとして 修理に利用されます ステップワゴン取り付け前の後部ドア、そのまま利用しても そん色ない良質なリサイクルパーツです。
 
リサイクルパーツによっては、新品よりも優れた耐久性。

新車の塗膜が残っているものは、新品を取り寄せて塗装するよりも色や耐候性の面で優れています。
中古部品のメリットは、あらかじめ組み立てされている部品を利用することです 。 パーツ組立の際にかかる時間がかからずや、組立の費用分安く利用することができます。  

 
リサイクルパーツで板金塗装を安くできる場合も。

車の凹みや傷が広く、激しい場合など、状況によって板金して塗装し直すよりも、同型のリサイクルパーツの利用の方が安くあがる場合があります。 修理担当者にお気軽におたずねください。  

 
リサイクルパーツご利用の際のご注意。

登録台数が少ない車は部品が見つかりにくい場合がございます。 同じ車で特別仕様など使用が何通りもあるような車は、全く同じ部品を 見つける事が難しい場合がございます。