4輪アライメント測定

車体のゆがみをチェック!4輪アライメント測定

自動車のホイールアライメントは、ホイールの各角度の配置状況、整列状態のことを指します。 この整列が前後、左右で異なっていると、車は真っすぐ走ることができません。アライメントのゆがみは、事故や接触などによって起こります。 縁石に乗り上げたり、タイヤのサイズを変更したりした際にも足回りのバランスが崩れて、alignment気づかないうちに車はゆがんでいる可能性があります。   車のゆがみの代表的なものを2つ説明します。      

●オフセット

ボディーの中心線から、前後のタイヤがずれている状態

 

 

●セットバック

前車軸または後車軸が平行線より縦にずれている状態       いずれも、症状が軽ければ、車検の際に見落とされる場合があります。しかし、そのまま乗っていると、車が安定して走行することが難しくなったり、車の寿命を縮めてしまいます。 悪化すれば大きな事故に発展する可能性があります。 以下のチェックポイントに当てはまると感じたら、ぜひ点検してみることをお勧めします。        

 ●あなたの車は大丈夫? 車のゆがみチェックポイント
・ハンドルをまっすぐにしているのに、直進しているとハンドルが取られてフラフラする。・いつもどちらかにハンドルを切っていないと直進できない。・足回りを変えている・フレームまで曲がってしまうほど大きく車をぶつけたことがある。・タイヤが偏って磨り減る。・ハンドルの向きが正面からずれている。こんな症状がみられるときは、4輪アライメントの測定をお勧めします。